アナザーゴッドハーデス冥王召喚-リール配列,打ち方,フラグ説明,小役確率

アナザーゴッドハーデス冥王召喚-リール配列,打ち方,フラグ説明,小役確率

≫アナザーゴッドハーデス冥王召喚解析一覧へ戻る


「スロット解析.com」へご訪問くださいましてありがとうございます。

ここでは、アナザーゴッドハーデス冥王召喚について

・リール配列

・打ち方

・フラグ説明

・小役確率【NEW】

などの解析情報を掲載します。

アナザーゴッドハーデス冥王召喚

リール配列

打ち方

基本的に全リール適当打ちでOK。

取りこぼす小役は無いのでシリーズ同様全リール適当打ちでOKだ。

フラグ解説

レア役の停止形

MBの停止形

MBには強弱の2種類が存在し、いずれも入賞時は効果音とリールフラッシュが発生する。各MB中は下記に記載した打ち方を実践してほしい。

弱MB中の打ち方

■1枚を超える払い出しで終了

基本的に適当打ちでOK。中リールに冥王図柄が止まった場合右リールにも冥王図柄を狙う。右リールに冥王図柄を狙わなかった場合は13枚役が12枚役で入賞してしまう可能性がある。

強MB中の打ち方

■81枚を超える払い出しで終了

基本的に適当打ちでOK。中リールに冥王図柄が止まった場合右リールに紫7図柄を狙う。狙わなかった場合は9枚役が8枚役で入賞してしまう可能性がある。

通常時の【強MB】はヘルゾーン突入確定だ! また、強MBは小役との同時当選もあり。上記に記載した払い出し枚数からもわかると思うが、強MBに関しては名前こそMBだが実際はボーナス扱いになっている。 弱MBは1/20前後、強MBは1/400前後の確率らしい…

 

 

押し順黄7&共通黄7

押し順黄7成立時は押し順に正解すれば黄7が入賞し、9枚の払い出しが発生する。間違った場合はこぼし目が出現する。

共通黄7時は押し順不問で黄7が入賞し9枚の払い出しが発生する。

なお、黄7・レア役・強MBで有利区間への移行抽選を行っており、押し順黄7は取りこぼし時も抽選される。

 

小役確率

押し順黄7合算 1/4.3
右上がり黄7 1/327.7
中段黄7

1/936.2

チャンス目 1/128.0
中段青7 1/99.9
フェイクリプレイ 1/840.2
強MB 1/448.9
紫7揃い 1/7281.8
GOD揃い 1/8192.0
冥王揃い 1/16384.0
確定役合算 1/3120.8

 

 

 

 


≫アナザーゴッドハーデス冥王召喚解析一覧へ戻る


≫スロット解析機種一覧はこちら


アナザーゴッドハーデスメイオウショウカン あなざーごっどはーですめいおうしょうかん アナザーゴッドハーデス-冥王召喚- ハーデス2 はーです2 はーです冥王 ハーデス冥王